チャレンジ・ジムニー(ハプニング編1)

スーパーGT

チャレンジ・ジムニー(ハプニング編1)
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

チャレンジ・ジムニー(ハプニング編1)

世界に類を見ない車、それがスズキ ジムニー。道なき道を行く、どんな悪路でも行く、困難であれば困難であるほど燃えるのがジムニスト

開発前史[編集]

ジムニー開発のきっかけは、かつて軽オート三輪の先駆的メーカーでありながら、大手に押されて自動車業界からの撤退に至ったホープ自動車(現・ホープ)から、同社が開発した軽四輪駆動車「ホープスター・ON型4WD」(1967年〈昭和42年〉完成)の製造権を、当時スズキ東京社長、現スズキ会長である鈴木修が、社内の反対を押し切るかたちで買い取ったことに端を発する。

「不整地用万能車」と謳われたON型4WDは軽自動車ながら高い悪路走破性能を備えた四輪駆動車だったが、ホープ自動車の創業者でON型4WDの開発者でもある小野定良は、この設計を商業的に活かすにも、もはや自社に量産・販売能力がない実情を鑑み、大手メーカーへの製造権譲渡を決意した。ホープは同時期に遊園地の遊具開発に業態転換することで会社の命脈をつないだ。

小野は当初、ON型4WDのエンジンやパーツの供給元であった三菱重工業(1970年〈昭和45年〉の三菱自動車工業の分離以前)に売り込んだが、ジープのライセンス生産を行っていた三菱からは理解を得られず、スズキに提案を行なったところ、鈴木修が「軽四輪駆動車」というユニークなプランに関心を示し、ホープ側から製造権を買い取った。資料によれば当時の金額で約1200万円ほどだったといわれている。

出典 http://ja.wikipedia.org

どんな坂でも、悪路でも、ジムニーに制覇できないことはない!

頑張り過ぎてたまにはハプニングもありますが・・・ ドキドキ、ハラハラしますね。

ジムニー 2012年2月 雪道 スリップ 横転

ジムニー 横転 レスキュー もろもろ

ジムニー横転レスキュー☆JA11

ジムニー横転

ジムニー横転 そしてレスキュー

1
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ